英語学習を習慣化させるには

高い英語力を習得するためには、年単位の継続した英語学習が必要です。中学卒業程度の英語力から日常会話程度の英語が話せるようになるには大体、1〜3年はかかります。年単位の学習を実現させるには「モチベーションを高く持ち続ける」という方法はあまりお勧めできません。なぜなら、モチベーションは下がるものだからです。

一方で習慣化されたものは継続が難しくありません。例えば、顔を洗う・歯磨きをする・お風呂に入るなど、毎日することは自然と続くものです。

そこで私がご提案しているのは生活習慣を深掘りし、それに英語学習を紐づけることです。

英語学習を生活に紐づける。

例えば、過去のご卒業生の方で主婦の方がいらっしゃいました。毎日、お皿洗いをするのが日課だそうで「ながら学習」をご提案したところ、その「お皿洗い」と「英語でオーディオブックを聞く」というのをくっつけて習慣化されました。(ちなみに初めはアリスインワンダーランドを聞いていたそうです。)

英語学習を時間に紐づける。

人は大きく分けて、朝方の人と夜型の人がいます。自分にとって都合の良い時間帯を決め、その時間帯には机に向かうという習慣をつけるのも良いでしょう。例えば、「土曜日の午前10時〜12時は英語学習をする!」と決めたら、しっかりと環境を整えましょう。まずは、前日の金曜日の夜早くこと、そして家事を終わらせておくことが大切ですね。そして、毎週土曜日の朝に目覚ましがなるようにセットすることも大切です。

習慣化のコツ:環境を整える。

英語学習を継続できない上で「意志力」を理由に挙げる人が多くいます。「朝英語学習をしようとしていたのに朝起きられませんでした…。」と。根本の原因は本当にその意志力の問題でしょうか。

いいえ。まず自分が朝方の人間なのか夜型の人間なのか、自分のことをよく知ること。そして、前日に早く寝るという至極当たり前のことができるように「アラームをセットする=環境を整える」ということがとても大切なのです。


僕が様々な角度から気づきのある質問をしますので一緒に英語学習を習慣化させる方法を模索しましょう。