音を俯瞰して聞く

私は約10年間英語学習をする人々と関わってきました。そして、多くの英語学習者が共通して口にすること、それが、

「英語が聞き取れるようになりません。」

これ悩みに対する模範解答はありません。なぜならその人が抱えるリスニング課題によってその解決策が異なるから。だから私は目の前で実際に音声を聞いてもらって要約をしてもらっています。聞き取れていない原因を探るためです。

「では今から30秒程の音声を流すので要約してください。内容を理解できているかを確認したいからです。」

「わかりました。」「(音声30秒間)」「要約をお願いします。」

「植物と水が…。の話があってその後に研究者が…。というところまでは聞き取れました。」

「理解度はだいたい50%ですね。キーとなる単語は聞き取れていますが、ストーリーとして理解できていませんね。なぜだと思いますか。」

「わからない単語が出てくるとそれを理解しようとしている間にその後の内容が進んでしまうからです。ボキャブラリーが足りないんですかね。それとも私の脳の処理速度が遅いからですかね。」

「いえ、◯◯さんはTOEIC◯◯点お持ちなので日常会話を聞き取るボキャブラリーは十分にあります。足りないのは音を俯瞰して聞く力です。言い換えれば、一語一語の単語を正確に意味を取りながら理解するのではなく、文章中の重要な単語に意識を向けて、全体を理解する力です。」

英語学習者でリスニング力不足を感じる方の多くが誤解をしています。語彙力がないから語彙力をつけるために単語帳を買って学習する。確かにTOEICが400点代であればそれが必要かもしれません。しかし、本質的な原因は細部にこだわり過ぎて全体を疎かにしていることが課題です。つまり、木を見て森を見ずのリスニング力です。

音を俯瞰して聞く、つまり頭をボーッとさせて聞くようなイメージです。ただこれを始めた頃はこのリスニング方法は本当に効果があるのか?と不安に思うかもしれません。

その不安を解消できるのは量です。

適切な難易度のリスニング学習素材(自分の学習の習熟度とかけ離れているものはダメ)を選んで、全体の内容を聞き取ることに意識を置いて、たくさん聞きましょう。

【補足】先ほどの会話の中の「それとも脳の処理速度が遅いからですかね。」はあながち間違ってはいません。厳密に言えば、英語での脳の処理速度が遅いからです。この課題も量で解決できます。たくさん聞いて処理速度を上げましょう。

まとめ

英語の会話や音声が聞き取れない英語学習者の原因の一つは細かい部分にこだわり過ぎて、全体の内容を把握することに意識を向けられていないことです。

最後に格言を残してこの記事は締めます。

音は四捨五入して、俯瞰して聞け。

Published by

alkpanacks

Because my passion is planning things, learning English, and meeting new people. I host international events with people from different countries people.