スピーチ動画3選!

英語学習者におすすめのスピーチを3作品ご紹介します。

Steve Jobs’ 2005 Stanford Commencement Address

2005年に米スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです。自らの生い立ちや闘病生活を織り交ぜながら、人生観を余すところなく語っています。「ステイ・ハングリー、ステイ・フーリッシュ」。

私はこのスピーチを何度も見ましたし、ほぼ全部暗唱をしてこのスピーチを使って暗唱大会に参加したこともあります。確かに私はこのスピーチを英語学習として意識的に見ることもありますが、この動画を繰り返し見る本当の理由は心が奮い立たされるからです。特にスピーチの中でこんな部分があります。「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか。違うという答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。」私はこれを聞いてから必死に好きなことをして人生を生きれないか模索するようになりました。話は変わりますが字幕なしバージョンを掲載しています。非常にクリアーな声でスピーチをしているので字幕なしで全体の流れを意識しながらスピーチを聞きましょう。


The strangeness of scale at Twitter

Twitterのユーザーに危険をもたらすtweetをいかに防ぐかと言うことを説明しています。セキュリティのプロフェッショナルである彼女のスピーチはどの業界においても「最悪のシナリオをいかに防ぐか」を考えるきっかけをまじめな顔で冗談を交えながら与えてくれます。

「People do weird things.」のところがあまりに面白くて何回も見てしまいます。笑 観客もまさかこんな真面目なスピーチの中で突然そんな間でこんなことを言うなんて予期していなかったでしょう。英語のレベルは簡単ではありませんが話し方がクリアーなので聞き取りやすいと思います。Twitterを使ったことがある方ですとより内容がわかると思います。


Trump Inauguration Speech

第45代アメリカ合衆国大統領に就任したドナルド・トランプ氏のワシントンでの就任演説です。政治家としてのドナルド・トランプ氏には賛否両論がありますが、プレゼンターとしてのスピーチは素晴らしいです。

ドナルド・トランプ氏のスピーチの素晴らしいところは、誰にでもわかる簡単な英語で話しているというところです。そして曖昧な立場を取らずはっきりとした発言をするため聞いていて理解しやすいというのもあります。


さて、見てみたいスピーチはありましたか。まずは動画を見て大まかな内容を理解しましょう。その後中級者は精読やオーバーラッピングをしましょう。上級者はシャドーイング、ハマった方は暗唱までやってみてください。

Published by

alkpanacks

Because my passion is planning things, learning English, and meeting new people. I host international events with people from different countries people.