ニュージーランド クイーンズタウン 仕事!

今年(2019年)の5月中旬にニュージーランドのクイーンズタウンワーキングホリデービザで来てから、約3週間が経ちました約1年間ニュージーランドでは生活するつもりです。

ここ2〜3週間は仕事探しをしていて、無事に仕事が決まったので経験談を踏まえて仕事探しのコツをお伝えできればと思います。

応募した仕事

ホテルなどの宿泊施設で受付の仕事がしたかったので下記の場所に応募しました。( )の中は応募したポジションです。

ホテル 

・Hilton (Porter) 

・Sofitel (Doorman) (guest relations)

・Swiss-belsuites pounamu (Room attendant)

・Sherwood (Room attendant)

・Nugget point (Room attendant)

・Millennium Hotel Queenstown (Porter)

・The Dairy Private Hotel (?)

バックパッカー

・Lodge assistant

・YHA Queenstown (Receptionist)

・The Black Sheep Backpackers (Receptionist)

航空関連

・Swissport (ramp agent)と(Customer Service agent)

図書館

・Queenstown Lakes District Council

その他

・Full Time Cleaner

・Onsen Hotsprings

・BreastScreen Otago Southland

・Medical Centre

残念ながら上記の応募した職は全てご縁がありませんでした。メールで「Unsuccessful」と連絡をくれる所もあれば、そもそも返信が全くない所もたくさんありました。

逆に下記の会社から採用を頂けました。

Spotlight(家具販売店、IKEAのような感じ。)

約20の仕事にアプライして、面接してもらえたのが1社その会社に決まりました。結構厳しいですね。個人的な感触としては面接まで漕ぎ着けられれば、採用まで後少しなのかなという感じです。

時期・季節

恐らく僕が来た時期が仕事が少ない時期なのかな…と今振り返れば思います。ニュージーランドは10月~12月が夏でハイシーズンだそうで、逆に6~8月は冬でスキー場関連がハイシーズンです。僕が到着したのが5月の中旬でかつ、僕がスキー場のレンタル関連などの仕事に興味がなかったため、仕事探しにはかなり苦戦しました。

仕事のアプライの仕方

仕事にアプライした主な方法は下記の3つです。

①オンラインで応募。

②レジュメを配ってまわる。

③友達に紹介してもらう。

僕は結果から言うと①の方法が上手くいきました。ただ①〜③どれもすべきだと思います。

①オンラインで応募

この2つのウェブサイトを使って地域を絞って検索すれば沢山出てきます。

・Seek

・Indeed

②レジュメを配ってまわる。

これまた呼び名がややこしいので簡単に説明します。CVとResumeは同じようなものと思って大丈夫です。簡単に言えば、履歴書みたいなものです。もう一つがCover letterですね。Cover letterは企業へのラブレターみたいなものだと思ってください。

[box class=”blue_box” title=”ワンポイントアドバイス”]CVとCover letterにはしっかりと時間をかけてください。理想はネイティブの友人に頼んで確認してもらうことです。いいアドバイスをもらえると思います。そして、個人的にはCVと一緒にCover letterも一つ一つしっかりと書いてから、一緒に配ってまわるのがいいと思います。[/box]

③友達に紹介してもらう。

この方法おしい所までいきました。僕はチリ人・アイルランド人・ロシア人・僕の国際色豊かな4人で暮らしているのですが、同居人のチリ人が、ホテルで働いていて、そのホテルのマネージャーに僕にインタビューの機会を与えられないかと交渉をしてくれました。ちょっと最後はうやむやな感じになってしまったのですが、恐らく僕自身が簡易宿泊施設での勤務経験はあったものの、ホテルでの経験がなかったため、面接まで至らなかったのかなと思います。(日本でホテルで働く経験積めば良かったな…。)

面接準備

面接の準備は入念にしました。

①直前準備

前日は受ける会社のウェブサイトや外部レビューをくまなく読みました。読んでいるとその会社が大切にしていること(キーワード)がわかってくるので、それを面接中でも強調するようにしました。また、面接でよく聞かれる質問については調べて、その回答を準備していました。例えば「Tell me about yourself.」とか、「What’s the biggest achievement in your life?」とか。

②事前準備

僕は渡航前の約1ヶ月間、毎日2レッスンのオンラインレッスンを受け、スピーキングの練習を徹底的にしていました。いつか絶対にスピーキング力が必要になる時がくると思っていたからです。その練習の成果が実ったのを実感しました。

人を説得する時・説明する時・励ます時、あらゆる時にスピーキング力が自分の味方をしてくれるので、英語圏で生活を目指す方はスピーキング力を磨くのは絶対に損にはなりません。

英語で検索

仕事を探す上で多くの求人を見るために大切なのが検索設定を現地の地域や言語設定に変更することです。

 

上の写真の右下にSettingという所があるのでそこで「地域」と「言語」を変更できます。僕は「地域」はニュージーランド「言語」は英語で設定しました。


僕は英語力を磨きたいと思っているので家と仕事探しはグローバルな環境を求めて妥協しませんでした。僕の経験がワーホリでお仕事を探している方のご参考になれば幸いです。

Published by

alkpanacks

Because my passion is planning things, learning English, and meeting new people. I host international events with people from different countries people.