海外での仕事2日目 研修

出勤日2日目の今日はレジの使い方の研修を受けました。研修後、早速お客さんに実際にサービスを提供しました。

レジの仕事でお客さんに確認すること

・メンバーシップカードを持っているか。

・現金かカードか。

・バックを持っているか。

レジでの会話はこんな感じ

僕:Hi, how are you?

お客さん:Good, thank you.

僕:Do you have a Spotlight card?

お客さん:I … think so. OK, here.

(僕→商品をスキャン)

(お客さん→現金かカードを準備してる。)

僕:20 dollars, please.

(お客さん払う。)

僕:Do you need a receipt?

お客さん:Yep.

レジの画面はこんな感じ

そこまでレジの画面は複雑ではなかったです。

しかし、当然ですが、全て英語なので単語を覚えなければいけないのと、ドルの扱いにそこまで慣れていないので、桁を打ち間違えた時は焦りました。(笑)

間違えた入力を訂正する方法がわからなかったので研修担当の人に聞こうと思ったのですが、周りにいなかったので館内放送を使って研修担当の人を呼びました。

館内放送

僕:Good afternoon, Spotlight.

This is a team announcement.

Em, can you please come to the front counter? Thanks.

大きな声ではっきり言わないと聞こえないからね!と言われていたので出来るだけ、ハキハキと言いました(笑)

その他の研修内容

・在庫があるかどうかをPC画面で確認する方法。

・商品が店舗になかった場合に他のお店に取り寄せる方法の確認。

やってみた仕事

・返品された商品を元の位置に置く。

・レジで質問に答える。

スポットライトのいいところ

働いている人とお客さんがとてもいいこと。今日の研修担当はウェールズ出身の女性でした。英語も比較的聞き取りやすく、僕の理解度も確認しながら丁寧に進めてくれました。置いてきぼりにすることもなく、ほとんどの時間を近くにいてサポートしてくれました。

まだレジ打ちに慣れていないので時間が結構かかってしまったのですがお客さんも辛抱強く待ってくれる方が多かったです。最近働き始めたので頑張ってね。と声を掛けてくれる方も何人かいました。

これはニュージーランドのお客さんがみんなそうなのか、それともスポットライトのお客さんがそうなのかはまだわかりませんが、仕事をしていて凄く気持ちが良かったです。

Published by

alkpanacks

Because my passion is planning things, learning English, and meeting new people. I host international events with people from different countries people.