Harry Potterのあらすじ

僕の大好きな作品ハリーポッターの1〜3巻までのあらすじと英語学習上の利点をご紹介します。イギリス英語を学びたい方・ファンタジーが好きな方にとっては最高の作品だと思います。

Harry Potter and the Philosopher’s Stone

[box class=”blue_box” title=”荒筋”]

両親を亡くしたハリー・ポッターは意地悪なおば宅で暮らしていたが、11歳の誕生日に自分が魔法使いの子だと知り、ホグワーツ魔法魔術学校へ入学することに。 同じ寮のロン、ハーマイオニーと親しくなったハリーは、賢者の石が狙われていることを知り、賢者の石を守る戦いが始まる。

[/box]

僕は何と言ってもこの1作目が一番好きです。子供の頃に初めて分厚い1巻を読んだのを覚えています。子供の頃に1作目を日本語で読んでいたことや大人になって何回も映画を見たのもあって、大学生4年生の頃に原書で読み切ることができました。

ちなみにオーディオブックと言って、本を読み上げた音声を聞くこともできます。有料なのですが、僕はオーディブルというアプリを使って一時期移動中に聞くようにしていました。

Harry Potter and the chamber of secrets

[box class=”blue_box” title=”荒筋”]

ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリーがヴォルデモートの若き日の記憶「トムリドルの日記」によって、ヴォルデモートが復活しようとするのを親友と共に阻止を試みる。

[/box]

不思議な生き物ドビーの登場スリリングなクディッチ(スポーツ)の試合など、見るものを飽きさせない展開が詰まっています。1巻を見ることでキャラクターの性格や場面設定を理解することができるので、この2巻はより理解しやすいと思います。原書を読む際も同じです。出てくる語彙がかなり被っているのでだいぶ読みやすくなります。

Harry potter and the prisoner of azkaban

[box class=”blue_box” title=”荒筋”]

ホグワーツ魔法魔術学校の3年生となったハリーが魔法牢獄アズカバンから脱走した囚人の騒動を通じて、両親の死にまつわる真相を知らされる1年間を描く。

[/box]

ストーリーの毛色が少し変わるのがこの3巻だと感じます。3巻はストーリーがやや複雑になり、大人向けになったような感じがしました。4巻以降でも重要人物となるシリウス・ブラックが登場するのでストーリーすべてを理解するためには非常に重要な巻です。


今回は1巻〜3巻までのご紹介をさせていただきました。ダンブルドア校長の言葉には素晴らしいものが詰まっています。ゆっくり話す方なので注意深く聞き取って見てください。

僕がハリー・ポッターシリーズを英語学習の上でもおすすめするのは面白いため、繰り返し見たくなるからです。またこのハリー・ポッターがきっかけでロンドンへ旅行に行ったこともあります。

極論ではありますが、英語力を上げるには自分の大好きな作品に出会い、何度も繰り返し見たり、作品に興味を持ち、調べたり、現地に行ったりすることが英語力向上の一助になります。

Published by

alkpanacks

Because my passion is planning things, learning English, and meeting new people. I host international events with people from different countries people.