オーディオブックを使った英語学習

隙間時間を使ってリスニング力を上げたい方にオススメしたいオーディオブックを使った英語学習です。僕の経験談も交えて学習方法と使えるサービスをご紹介します。

オーディオブック

まずそもそもオーディオブックとは何かを簡単に説明しますと「主に書籍を朗読したものを録音した音声のこと」です。

そもそもオーディブルを使おうと思ったキッカケはハリーポッターシリーズを1〜3巻洋書で読んだ後で、「映画は何回も見たし、本も読めたし、音声だけでも理解できるかな?」と思ったことでした。

ハリーポッターシリーズはストーリーを知っていたため、集中して聞かなくてもストーリーの詳細まで理解しながら聞き続けることができました。一方で本で読んだこともなかったSydney Sheldonに挑戦した時は5回同じ章を聞いてようやく理解できる…という感じでした。そもそも理解するのが難しく楽しさよりも辛さが優っていた気さえします。

この経験から得た教訓はやはり「自分のレベルに合っていてかつ楽しめるものを選ぶ」ということでした。

ながら学習

ながら学習には賛否両論があります。「集中して英語学習の時間を取るべき。」とか「聞き流しは無意味」とか。確かに一理あります。もし英語学習の目的が英検1級を取ることであれば、それに対する効果は薄いと思います。また英語学習超初心者の方(中学英文法も曖昧)が聞き流すのは効果が薄いと思います。

しかし、僕は目的とレベルによってはながら学習は効果的でかつ時間の有効活用ができると思っています。まず目的は「日常会話をもっと聞き取れるようになりたい。」とか「英語を聞くときに一単語一単語を拾おうとして全体のストーリがーよくわからない。」という悩みに対しては凄く効果的だと思います。

レベルとしてはTOEIC500点程度以上あれば、探せば自分の好きなジャンルのものを見つけられると思います。英語学習初心者の方は凄く易しい音声のものを探すか、単語学習から始めると良いと思います。

オーディブル

僕が使っているサービスはオーディブルというアプリです。

月額1500円ほどで好きなオーディオブックを毎月1つ購入できます。今は契約していないので詳細は忘れてしまいましたが、聞き終わった後に別のものと交換する制度もあったと思います。スマホにダウンロードできるので一度ダウンロードしてしまえば、インターネット環境がなくても音声を聞くことができるので凄く重宝します。

いつ聞くの?

僕は主に家事をしながら聞くことが多いです。洗濯物たたむ・食器洗い・掃除などなど。しばらく作業をする時に聞きながらやります。

付随する効果

例えば日本でTOEICの試験や英検の試験対策でリスニング学習をすると静かな環境で綺麗な英語を聞く練習になります。しかし、僕自身ニュージーランドで暮らし始めて感じることは実際の日常会話では雑音の中で英語を聞き取らなければいけないこともあれば、突然話しかけられて聞き取らなければいけないこともあります。これがリアルですよね。そんなリアルな環境を再現できるのがオーディオブックを使ったながら学習だと思っています。

皆さんの学習の参考になれば幸いです。

Published by

alkpanacks

Because my passion is planning things, learning English, and meeting new people. I host international events with people from different countries people.