DMM英会話デイリーニュースの予習の仕方

僕は過去約2年間ほどオンラインレッスンを受講しているのですが先日オンラインレッスン中に講師に「どの教材を使う生徒が多いの?」と聞いたところ「9割くらいの生徒がデイリーニュースを使っている。」という風に言っていたので効率的なデイリーニュースの予習の仕方について模索されている方も多いのではと思い、本日は僕の予習の仕方をご紹介します。

タイトルとVocabularyを音読する

まずはインプットですね。新出の単語の意味や発音のものが多いかと思います。まずは日本語訳や発音記号を確認して知識を広げましょう。発音記号の読み方がわからない!という方にとっては下記のAtsuさんという方のウェブサイトが役に立つと思いますのでご活用ください

発音記号

もしくは、発音記号を覚えるのは面倒くさい!という方はWeblioなどの音声付きの英語辞書を使って、音声を真似て発音をするのも手だと思います。

Articleの予習の仕方

記事を通しで黙読した後に音読するという方法をお勧めします。音読の利点は声を出すので発音・アクセントの位置・イントネーション(リズム)の向上が見込めるというところです。黙読の利点は音ではなく内容に集中できるので文章の理解力が高まり、より深いディスカッションがレッスンの中でできます。

ディスカッションの練習

各質問に対してどのように答えるかを予め準備し、声に出して練習をしておきましょう。この準備をせずにレッスンに望んでしまうと、自分の意見を組み立てるのに時間を要してしまい、レッスンの時間が無駄になってしまう可能性があります。また考えがまとまらずに話し始めてしまうと一貫性に欠け、この人は何を言いたいんだろう…となってしまうかもしれません。

レッスン予習に掛けるべき時間

個人的な感覚で恐縮ですが15分〜40分程度が良いかなと思います。短すぎても準備不足になりますし、長すぎても毎日予習をするには現実的ではありません。記事の取っ付き易さや長さによっても予習時間は異なります。上記の時間を目安にお取り組みください。

YouTube

当記事の内容を下記の動画ではより詳しくご説明していますのでご参照ください。

 

最後にはなりますが、各予習の順番についてはご自身で工夫されることをお勧めします。例えば先にディスカッションの質問事項を確認した後にArticleを読むことでどの部分を引用して意見を展開しようかな?と考えることができます。当記事の内容が皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。

Published by

alkpanacks

Because my passion is planning things, learning English, and meeting new people. I host international events with people from different countries people.